UVカット下地

もう5年くらい、日焼け止めと化粧下地が一緒になったローションを使用しています。さらっとしていて着け心地がとても軽いです。液色はライトベージュで意外とカバー力があり、これだけでナチュラルメイクっぽい感じになるのでファンデーションは敢えて塗っていません。SPFは34とそこまで高くないですが日焼けもしてないですしオールシーズン使ってます。

今でこそこれに落ち着きましたが以前は迷走していました。SPFの数値の高いものを基準にCMや雑誌で見たことのあるメーカーの日焼け止めを毎年いろいろ買って使っていました。おもに白い液色のタイプのものでした。正直どれもなんだか肌がムズムズするし毛穴が塞がって息苦しいような気がしました。そして塗ってから暫くすると白浮きしてくるんです。もちろん日焼け止めが悪いのではなく単純に私の肌に合っていなかっただけなんですけども、このタイプには見切りをつけました。次に使ったのがパウダータイプの日焼け止めでした。お化粧の最後の仕上げや、化粧直しにも使えて便利でした。メーカーによってはクールタイプと唄っていたものもありましたが、肌につけてみても私は正直クール感は全く感じませんでした。それに何となくちゃんとUVカットされてるのか不安です。なのであくまでも化粧直しのアイテムという位置づけになってます。

人それぞれとは思うのですが、私は肌にあまり負担の掛からない軽いものが現時点では自分に合ってるのかなと思い今に至っています。ただ年齢や生活スタイルで肌も変わってくるし、化粧品のクオリティーもどんどん上がってます。なのであんまり自分の中でタブーを作り過ぎないように、これからもちょこちょこ他のアイテムを試していきたいです→日焼け止めファンデーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です